FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jリーグの日

あれから20年。

幸いなことに開幕の国立にいました。

当時、まわりにサッカーバカが沢山いて(代表の海外遠征マメに行ってる人もいました)、アメリカW杯の予選やら(当時、一次予選とか大して混んでなかった印象)
ナビスコのチケットやらは、行きたいって言えばだまっていても用意してもらえてた。
そんな中、特になにもしなかった私に知り合いが、
『明日のチケット余ってるけど行く?』
と聞いてくれて、二つ返事で
『行く!』
と言って連れて行ってもらった国立。

…と言っても、なーんにも覚えてないんですよね、これが。
お祭り騒ぎだったよな〜とか、
チアホンうるさかったよな〜とか、
席がヴェルディ側だったよな〜ってこと(確か、チケットくれたその知り合いは都並ファンだった(笑)けど、私は井原さんのファンだったのでマリノスびいきだった)くらい。
先制がヴェルディでも喜べず(笑)、結果はマリノス勝ったけど周りはヴェルディだから喜べず(でもなかったかな?お祭りだったし)。
流行の中にいたなって感じだった。

で、このままドップリJリーグってわけでもないのが不思議なところ。
だってチケット取れなかったし、テレビでやってたし。
(今でこそ、試合はスタジアムで見るもの、行きたい試合のチケットは入手する術を知っていますが、あの頃はそこまで気合なかった。だって、ただの流行の一環だったから、本当)

で、フランスW杯で盛り上がる頃は興味ゼロとは言いませんが、なんか、斜に構えて、代表ブーム眺めてた気がする。
ジョホールバルは生でみてたけど、本戦はアルゼンチン戦しかライブで見てないはず(覚えてるのが怖いが(笑))
松坂の甲子園のNHKスペシャル(あれも1998年だったんですね)のビデオを再生し終わったら、あれ?ラモスが出てきて怒ってるよ!なジャマイカ戦が!再生されて…程度の扱いでした、サッカーなんて(笑)

まあ、そこからなんで今?は長いので、あれですが。

ここまで夢中にさせたキッカケは中村俊輔。
そして、それを継続させたのは石川直宏でした。

途中、好きな選手たくさんいたけど、そこは揺るぐことはなかった。
ナオの切れ目が縁の切れ目と言い続けた東京生活も10年超えたし。
俊輔の海外移籍とナオの移籍のタイミングが合致しちゃったんですよね。
あのタイミングで俊輔が移籍してなかったら、自分はどうしてたかは正直わかりません。

ただ、この二人がいなかったら、こんなにサッカー追いかけることもなかったと思います。

ま、好きになったキッカケは、
『◯◯戦のプレイ見て』
とかじゃないのが我ながら良いところですけどね(笑)言うと基本笑われるので、あえては書きませんが、プレイが好きだからこその理由だったんだと思います。
ま、そのキッカケは森重も同じようなものだから(当時のプレイもある意味好きだったな(笑))、長く追いかけることになるのかもしれませんが、今はわかりません。

そうこうして、2013年5月15日。
国立競技場で試合が行われる。
(本当ならマリノスーヴェルディでやるべきなんだろうけど、カテゴリ違うからどんな作為も行えませんね^^;)
Jリーグが20歳になる、その国立にナオがプレイしてくれるかもしれない。
それを、今度は自分の意思で購入しているチケットで観戦できる。

そんな幸せを感じる人がたくさんいれば、Jリーグは大丈夫なんじゃないかな?と思う。

おめでとう、Jリーグ。
ありがとう、Jリーグ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

izumy

Author:izumy
基本的には石川直宏選手・FC東京中心になると思いますが、
内村選手@札幌、斎藤雅也選手@ソニー仙台も応援しています(笑)
J1からJFLまで…カオスですね^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。